葬儀の種類とメリットについて

葬儀の種類とメリットについて

一般葬や生前葬のような葬儀スタイルとは異なった様々なものが最近は増えてきています。葬儀のスタイルが多様化している現代では、これ以外にもいろいろなものがあるのが特徴です。葬儀のスタイルによって参列する人の特徴も異なってきますし、人によっては合わない、と感じるものもあるでしょう。似たようなスタイルのものもあるので、どれがどう違うのか知っておくと役に立つでしょう。

それぞれの葬儀において、小さな違いもあれば大きな違いもあります。一般葬と家族葬は異なったスタイルです。まず、一般葬の特徴として葬儀のあとの弔問対応の負担を抑えることができるようになっています。一般葬は家族や親族以外にも故人と交流のあった人が多く参列することのできるスタイルです。お見送りが1度で済むことができるというのが大きなメリットです。この点は家族葬と大きく異なります。家族葬では、故人と仲の良かった友人や知人がいればトラブルになることもあります。家族葬では参列できなかった人がなぜ呼ばれなかったのかと不満に感じるケースもあります。一般葬ではそういった心配がないのが特徴です。

家族葬では、参列できなかった人が個別に自宅に足を運ぶ、ということもありますが、その都度喪主が対応すると精神的にも疲れてしまうものです。お別れのあとですし、ゆっくり休みたい、一人にしてほしい、という気持ちもあるのではないでしょうか。喪主の精神的な負担になるので、その点は対応策を考えておく必要があります。喪主にかかる精神的な負担と金銭的な負担が少なくなる葬儀は人気のスタイルとなるでしょう。

一般葬や生前葬、家族葬と様々ある葬儀のスタイルについて紹介します。メリットの他にもデメリットについてもまとめています。また、あまり耳にしないスタイルのものについても解説していますので、こんな葬儀もあるんだと知ることで、より葬儀について理解することができるでしょう。それぞれの葬儀にメリットやデメリットがあり、どちらも知っておくとより効果的に選択することができます。どう違うのか分からないという人も参考にしてみてください。最近では、自宅葬をしたいという人が増えてきています。自宅葬がどのような特徴なのか、友人や知人も参列するのかといった比較をすることで、自分にあった葬儀をすることができるようになります。あまり種類を知らないという人やこれから参列する、という人も是非こちらの情報を参考にしてみてください。

INFORMATION

2018年10月12日
ホームページを更新しました